松井エコエネルギー総本社

バナナ生産事業部


 弊社は、この度バナナ生産に対応する諸々の実施検証(7年間)を終え、本年度(H30年)からバナナ(パッションフルーツを含む・・・・写真は末尾)の生産に参加することに相成りました。

 基本となる技術は、磁気付与農法であり、バナナの育苗成長及び生産の全過程において磁気刺激促進法を呼応学習させ遺伝子そのものに突然正変異を求め、環境順応種や生産性の向上・耐病性の強化種・生産全行程での労働力の軽減・品質の向上等を計れるバナナの生産技術を収得し、一組成体より年に5回の収獲を命題とし前進していきます。


                        バナナ生産すること至った経緯

 某国のバナナ生産事業団は、10数年前からキャベンディッシュの絶滅が危惧され、相当な対策が講じられてるにも拘わらず、解決策が見い出されてないという暗雲低迷を公表している。
 又、先達て(2018年4月15日)国連食糧農業機関は年間50億ドル(約5500億円)規模とされる世界のバナナ生産が、バナナに発生する病気で「甚大な被害」の恐れがあると警告をしている。

         そのため上記事由により、弊社はバナナ生産事業に進出する決定をなした。

  弊社の磁気刺激促進法の技術を活かし、冬場(摂氏)2℃の環境でもバナナが枯れずに生産できる体制の実現を目指します。
         

2016.11.23
バナナ生産事業部長:野村(^^)
  
※H30年度から以下の者が実践稼働していきますので宜しくお願いします。
 実験査証担当者  宮崎  宮崎市  福留  090-2584-4310
 
 本格生産本部長  大分   宇目    小野   090-3076-0420
 
 本格生産本部長  四国   松山   前田   090-3185-8335
 本格生産副部長    〃    〃     渡部
 
 生産予定者     宮崎  日向    中窪  090-3190-6918
 




 
作物成長及び旨味向上装置:兼用磁気振動装置

磁気誘導式小型熱風機

 
害虫駆除機能付循環扇

一般循環扇
 
気泡水・磁気水生成器
 

 上記写真のマシンを使用してバナナ圃場の環境を整えます。


バナナの現況  h30.8.01


 



 


 

植物成長棒 
 
植物成長棒

植物成長棒H30.9.17

植物成長棒H30.9.17



バナナ栽培経過は、順次掲載していきます。




ついでに、「種まで食べると若返る」といわれる

パッションフルーツ栽培も手がけてます。










(^^)


松井エコエネルギー総本社 バナナ生産事業部

バナナ生産事業部長:野村 090-9726-4985


-Copyright(c) 2018  Matsui.Eco Enargy -バナナ生産事業部