トップ  農業用熱風機   多目的熱風機  農業用循環扇 環境改善装置   磁気附与農法 
 気泡磁化水・振動水付与農法   (気泡水)磁化水・波動水生成装置  大気汚染物質除去   磁気給湯装置   
 ミドリムシ(ユーグレナ)増殖農法  永久磁石反発回転装置 放射性汚染物除染装置   家庭用磁石暖房機 
植物成長・食味向上・鮮度伸長応援機    磁気アルコール熟成・芳醇装置   磁気治療具及び磁力伝播振動装置   
 気泡水(バブル)・磁気水生成装置群 煤煙排出削減暖炉及び発電装置  松井式特許扇風機   
松井式活用法 (シジミ・ワサビ)   会社概要    問合せ   鳥獣忌避装置  ふるさと納税推奨品

 
気泡磁化水・振動水付与農法
                        *気泡農法とは、水の泡で行う農法です。
                特許取得
                              特許権者:松井嗣光

            ※弊社の特許を侵害した圃場が多数見受けられます。ご注意下さい。

        ◆ 松井エコエネルギー本社は、独自に
「気泡磁化水・振動水付与農法」を確立◆
           
      収穫目標: 米は現在の10倍。メロンは1本のツルから50個以上。トマトは現在の5倍
              レタス・キャベツ・白菜は現在の50倍

       

平成29年度 松井エコエネルギー本社      
   

松井式気泡磁化水・振動水附与農法の普及と推進

  地球的人口増加は、来る2050年ころには、98億人にも達するであろうとの推計がなされ、地球号で生活を営む人間様を筆頭に、今後の食糧事情を解決せねばならない。

  まずは、人間様が快適な生活をしていく最低の基本的要件は、「衣・食・住」その中でもとりわけ「食」にいたっては、生命維持の 「根幹」である。この根幹が現在でも満たされていない現実を直視すると末恐ろしくなる。
  
しかし絶対に避けてはとおれぬ必須の課題。

  @ それも4定(定時、定量、定価格、定品質)を実現し且つ安心安全食を安定供給できる満作農法が求められよう。

  A 且つさらに生産単価の降下と労働時間の短縮等が課題である。
  そのため我々松井エコエネルギー本社のスタッフは、真剣に地球上の人達全員が遍く満足できるであろう食糧確保の探求をしてところ、最近の過日、跳躍目的達成の検証を終えた。

  それで本特許農法を広く啓蒙開拓すべきかを献策精査したところ、各エリアを区劃し、同エリア内に代理店を置き普及すべきとの 結論に達した 。
  
 本特許農法は、まだまだ歴史の記録経過が浅く、更なる「奥義」は、最高峰の才知と最先端の技術を有していらっしゃる農事業者の御方々に委ね、そして究極の気泡磁化水・振動水附与農法を確立し、これを最大限に期待し斯かる食糧危機を回避できれば幸いと思う。(同農法の実演時系列写真等は後頁に掲載)

 〒884-0006 宮崎県児湯郡高鍋町大字上江7675-4   
                                      松井エコエネルギー本社
  気泡磁化水・振動水付与農法とはクリック
    
        その1 水の自然流体を介し気泡水を求め
        その2 永久磁石で水に磁化を求め
        その3 永久磁石で水に振動を求め
        その4 驚異の育成スピードを求め
        その5 驚異の寿命を求め
        その6 天候に左右されず、驚異の収穫を求め
        その7 永久磁石を内蔵した循環風を廻らしながら圃場内の好適な環境を求め

            そして

        第1に ⇒ 加温または涼風発生源に対するエネルギーの削減を達成させ (CO2 発生0%)
        第2に ⇒ 無農薬若しくは減農薬を達成させ
        第3に ⇒ 現況(加温・冷風)農法より以上の収穫を達成させ

      総合的には、4定(定時・定量・定価格・定品質)を目標として安心・安全食を供給し且つ収穫の倍増を計り
      農家の所得向上に寄与することを目的とし、これを「気泡磁化水・振動水付与農法」と
「定義」する。
  

気泡磁化水・振動水付与農法の構成装置の基本は10a当たりの原則として
( 1セット 370万円〜    )
 磁気誘導式小型熱風機 × 2台 (国際・国内特許取得)
  ※内1台は給湯機として使用
   (必要に応じて給湯ヒーターを付設)
   

小型熱風器
給湯器・ヒーター
 作物成長及び旨味向上装置 × 1台 (国際特許取得)
                         (国内特許取得)
 害虫駆除機能付循環扇 × 1台 (国内特許取得)
 一般循環扇 × 4台 (国内特許取得)
 気泡水(バブル)・磁気水生成器
          (国際・国内特許取得(実用新案権取得)

  
   ※気泡磁化水・振動水付与農法のシミュレーション(株)松井エコエネルギー愛媛作成


  ● 弊社で検証中の気泡磁化水・振動水付与農法

       松井エコエネルギー社で検証中 

      ◎ トマト ⇒ 実演中 ⇒ 年中収穫 ⇒ 2年間植替なし
      ◎ メロン ⇒ 実演中 ⇒ 年中収穫 ⇒ 一株から50個を収穫(現状又は現状以上のもの)
      ◎ 米   ⇒ 実演中 ⇒ 年中収穫 ⇒ 現在の10倍


   ● 加温農法(宮崎県農業試験場のデータ)
宮崎県の主要施設作物生育ステージ温度(ハウス内温度)
イチゴ
5℃ 〜 7℃
トマト
13℃ 前後
キュウリ
13℃ 〜 14℃
メロン
18℃
ピーマン
18℃
Hミカン
20℃
マンゴー
22℃ 〜 23℃
洋ラン
10℃ 〜 13℃
13℃


  ● 気泡磁化水・振動水付与農法の目標及び達成温度
    
    気泡 ⇒ 磁化 ⇒ 磁気振動を一連として天候等に左右されず驚異のスピードで作物の生長と収穫を実現
     させることにある。 (土農法を否定し水泡水を基本とした農法)
   

  
松井エコエネルギー本社の主要施設作物

生育ステージ温度目標(ハウス内最低温度)
 イチゴ  2℃ (チャレンジ)  
 トマト   2.0℃ (実証済)  平年以上の収穫を得ている
 キュウリ   1.8℃ (実演検証中)  平常成長出荷中
H30.1 日向市圃場
 メロン   4.0℃ (実証済)  四国・愛媛 松山圃場
 ピーマン   1.8℃ (実演検証中)  平常成長出荷中
H30年1月   日向市圃場
 Hミカン   10℃ (チャレンジ)  
 マンゴー   12℃ (チャレンジ)  
 洋ラン   0℃ (実証済)  平年以上の収穫を得た
    0℃ (実証済)  平年以上の収穫を得た

  ◎ 現在の実演状況と結果


 
 1、米  ⇒ 収穫目標 : 現在の10倍
  

 

                                 屋内施設 (拡大)クリック
               

  2、メロン  ⇒ 収穫目標 : 現在の10倍
             年3回収穫可能
             1本の蔓から約50個以上可 (1個3kg以上)


                       メロン4.2kg




冬場4℃の環境で収穫したメロン(愛媛松山圃場)。 糖度12度。





                            糖度計で13度


        フルーツピーマンの糖度13度   H30.03.06



  3、花卉類  ⇒ 収穫目標 : 増産

   



  4、キュウリ     ⇒ 収穫目標 : 現在の10倍

  5、トマト       ⇒ 収穫目標 : 現在の5倍  植付から約3年間収穫可能
                 10アールで100トン目標
                  ※無農薬又は減農薬


               
                   気泡農法から派生するトマト一房花芽

   

    
                       冬場1.8℃の環境で収穫したトマト。 糖度10度。

 6、結球レタス   ⇒ 収穫目標 : 現在の50倍

     



 7、結球キャベツ ・わさび ⇒ 収穫目標 : 現在の50倍
       (わさび拡大写真)クリック

           



 8、結球白菜    ⇒ 収穫目標 : 現在の50倍



 ○ニンニクの芽栽培
   
   
   
     
    日向市  なかくぼ農園のフルーツきゅうり・ フルーツピーマン・ フルーツトマト 
      
 日向市  なかくぼ農園 平成30年2月17日の状況  (写真をクリックすると拡大します。)
 
        
  日向市  なかくぼ農園 平成30年3月17日の状況  (写真をクリックすると拡大します。)
 
      
   日向市  なかくぼ農園 平成30年4月17日の状況  (写真をクリックすると拡大します。)
-Copyright(c) 2017  Matsui Eco Energy.Co All Rights Reserved. -